40歳の私へ「年齢なんて気にする必要ぜんぜんなかった」

IKUKO Labo
40歳の私へ「年齢なんて気にする必要ぜんぜんなかった」
/

VoiceBlog2日目。
年齢について言うと、以前は、60歳の女の人ってもはや遺物、と思っていたけど、いざ自分がなってみるとそうでもなく、少なくとも自分の感覚としては昨日までの自分と今日の自分、違いはないように感じる。

40歳だったときの自分は、自分のことをもはや若くないと思っていたし、確かに若くはないかもしれないけど、やりたいことをやるのにじゅうぶんな年齢だったし、むしろ若い頃よりもうまくできることのほうが多かったりもした。

年齢が若いほうが良いというのも、社会通念として「洗脳」されているに過ぎなくて、実際に年齢がどれほど重要かは、その時々で変わるし、若ければなんでも良いということでは全然ないのだった。

メールでお知らせします

毎日アクセスするのは面倒ですよね?最新のVoiceBlog更新通知をメールで受け取りませんか?

このメールは更新通知にしか使用しません。ご安心ください。

迷惑メールフォルダに入ることがあるので、ご確認くださいね!