なぜ、今、イクコラボなのか

  • by

この投稿を読んでくださっている方は、ずいぶん前からIKUKOを知っている方や、最近IKUKOと知り合った方、あるいはこれが初めて読むIKUKOの記事だという方もいらっしゃるかもしれません。

自己紹介から始めるとやたら長くなるので、またの機会に譲りますが、2001年に突然、夫がうつで引きこもって、小学生の子どもふたりを抱えて、他に選択肢がなくて「しょうがなく」個人事業を始めたあの時から、2020年の現在まで、20年近い年月が流れ。

子どもたちはとうに成人して、私は相変わらず2001年当時の意識のまま。

自分のことを駆け出しの素人個人事業主で、ちゃんと会社で働いた経験がないし、プログラムも書けないし、どんな人と比べても絶対に格下。

という意識で生きていました。

ところが一昨年、昨年と、新しい仕事にかかわってみたり、コミュニケーションや営業方面のセミナーを受けてみたりするうちに、「あれ?」と思うようになったのです。

そうして、多くの人にかかわってみると、自分では「知っていてあたりまえ」「世の中の人は全員が知っている」と思い込んでいたことを、知らない人がいっぱいいる。

本で読んで知識として知っていても、実際の経験がないから、どうしていいか分からなくなっている人もいっぱいいる。

なんと、ちっぽけな素人としてほんのちょっとのWEBの知識だけで大海原にこぎ出した私は、ボロボロの筏で航海をしていただけだけど、岸に戻ってみたら、まだ船出できず岸壁で右往左往している人がいっぱいいることに気がついた。

私のボロボロの航海も、自分でボロボロだと思っていただけで、外から見たらどんなふうに見えていたか、分かりません。

船がボロかろうと、立派だろうと、航海の技術は変わらないし、小さな船には小さな船なりの操縦法、大きな波に飲み込まれず隙間を行く知恵がある。

その知識や経験は、今、この瞬間には役に立つかもしれないけど、3ヶ月、半年、1年と時が過ぎるうちにどんどん時代は変化して、新しい知識に書き換えないと役に立たなくなる。

だから、今ある知識は今すぐに必要な人に提供して、社会に還元したい。

ということで、あえてラボという形をとって、提供を始めようと思ったわけです。

なぜ、ブログで公開しないか。

それは「信用」の問題です。

今までずっと、ほんとに長いこと、原則無料でブログを書き、勉強会を開催して、知識は得るのも与えるのも持ちつ持たれつでやってきました。

自分が情報提供をしていると、なぜかもっといい情報が入ってきて、循環する感じが実際にあったのです。

ところがこの数年、情報提供は一方通行。
どこまでも、教えて、教えて、教えてと、エンドレスで教える羽目になり、消耗する。

それでここ数年は勉強会の開催から遠ざかり、ブログでの情報提供もやめています。

今回は、主にWEBマーケティングについて、語っていこうと思うのですが、さすがにどこの誰とも知らぬ人に向けて提供しないといけない理由はまったくありません。

だけど、今、知識を必要としていて、人生かけてがんばってる人がいたら、この人たちのために協力したいという気持ちはいっぱいあります。

だから、毎月1,000円を払うという形で、私に対して掛け金を張って欲しい。そして、私が情報提供をして、それが1,000円以上の価値があればあなたの勝ち。しょぼい情報で無駄だったと思えばあなたの負けなのですぐ退会してください。

それでようやく、私とあなたは対等な関係でスタートできるんじゃないかなと。

それが私の肌感覚です。

なので、とりあえずラボ生になってください。

あとのことは、それからです。